カテゴリー「ガンガン系」の3件の記事

2012年10月27日 (土)

アニメ 絶園のテンペスト 1~4

絶園のテンペスト アニメ1~4幕までの感想です(^^

ネタバレにはご注意ください。

あと、私は原作も読んでいるため、そのネタバレにもご注意を。

主人公の2人……の、声優さんを見た後、私ちょっとビックリしました(笑)

豊永さんが真広ですって!?

(↑今更……!?)

うむ、なるほど。アニメで聞く限りピッタリです(^^;

(違和感なく、すんなりとアニメに集中できました)

ウェキさんで見た過去の出演したアニメを見る限り、演じれないわけがないと納得しましたし、

公式HPで見たインタビューで見る通り、役者逆じゃないかと言っていたので……うーん、その気持ちも分かります。

ただ、吉野くんが内山くんなのも分かりますよ。

2人とも、それに、葉風さんが沢城さんなのも納得です。

葉風さんがカワイイなーと思います。沢城さんのお声が素敵…v

てゆーか、主要人物の声優陣、豪華だなぁ……。

今回、第4幕を視聴して、思わずテンション上がっちゃって、、、感想書いちゃったよ。もうっ。

コミックス読んで、大まかな筋が分かっていても面白いと思えるんだよなぁ。これが。

この4幕は、コミックスにはなかったと思う話なんですが、幼いときの吉野と真広がカワイイv

2人が仲良くなる前に、そんな理由があったとは……。

なんか、偶然っぽいんですけど、必然的な運命を感じて、それがなお良い。

過去を語る2人ともカワイイ……!

それに、どーでもいいと連呼する真広がもっとカッコいいし、カワイイ……っ!

実際、野郎なんてどうでもいいんだよね!

愛花ちゃんのために、無意識で一生懸命になっている真広が好きなんです……っ。

(※注:管理人はNL主義。男と男の関係は友情でいい)

それに、5幕の次回予告にはっ!

とうとう来ました吉野と愛花ちゃんのあのシーン(^^

私、あの水族館のあの話、なんか好きです……。

それと、次回予告を見る限り、進むのが早そうですねー。

いや、コミックスの方がしばらく同じ場面だったので、どっちにしろ変わらない……?

……原作が少し、終わりそうな雰囲気になので、アニメもその流れのまま同じ内容を辿って終わるのかな。

そう言えば、何クールなんだろうか。

んー、答えは気長に待つことにします。

思えば、この絶園のテンペストは、悲恋なお話ですね。(もちろん、それだけではありませんけど)

吉野の彼女だった愛花さんが死んでしまって、

吉野、それに真広もそこから時が進んでいるようで止まっているような、そんな感じ。

男性と女性の考え方が違うという前提で、私が女性で、恋を諦めても少し後に引くだけなので思うことなんでしょうけど、

(少し原作の内容にも触れます。)

それに愛花さんの場合は、死という重いけど呆気ないことがあったので、決して同じ天秤というわけがありませんが……、

2人とも、彼女以外を目にうつさないのが、どこか寂しい感じがしました。

(そんなに愛花さんがとても魅力的な人だった、かもですね(笑)

だからと言って、愛花さんのことを諦めるのは軽いし、そもそも、この物語にもならない。

うーん、ジレンマ。

この物語の結末は、どうか愛花さんの死を乗り越えて、新しい生きる意義を見つけた、ハッピーエンドであって欲しいです。

私が、どんな結末で終わるか予想しても、当たらないことの方が良いので、予想は心の中に収めますが…、

一番虚しくて、避けてもらいたいのは、愛花さんを殺した人物が、実は黒金病で死んでいたという、単純なオチだけですね(笑)

(きっと、それはないと思えますが)

(アニメとは関係ないですが、答えてもらえないのに好きでいる葉風さんが、本当に強いと思った第7巻でした)

丁寧にキャラの心情に触れて、彼らの変化も楽しめる物語なので、最後までそうであって欲しいです。

ちょくちょく入るコメディの彼らの戯れと、それぞれのキャラの考えから進む物語が、好きですから(^^

アニメ感想のような、そうじゃないような中途半端な感想になりましたが、主な感想は以上になります。

コミックスの方も、アニメの方も、気長にのんびりついて行くつもりです(^^

ときどき、語りたくなったらまた、こうして単体感想をします。

それでは、また!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

絶園のテンペスト 3

絶園のテンペスト 3巻 感想です!

ネタバレはもちろんありますので、ご注意ください。

発売日が近づいていることは分かっていたので、本屋でブラブラしていたら、

普通に置いてました。

そりゃ、堂々と。

(人気があるようでよかった、よかった)

感想はちょっぴり遅くなったけど、いっぱい語るぞー(笑)

吉野の、計算高い性格が思いっきり出てました。

なんていうか…この漫画のキャラクターへの好感度が、これを読んで上がったよ。

騙されちゃったなぁ、ホント。

この一言に尽きると思います。

内容については…これからの展開が気になること以外に、思い付かないな…。

絶園の樹の御子ですってぇ!?

考えたら、葉風ちゃんがはじまりの樹の姫君なんだし、いても不自然じゃないよね。

誰なんだろう…ホント。

案外、近いところに答えがありそうなのに、導くことができないんだから。

…やっぱり、次の巻を待つことにします。

登場人物たちが、やっと富士山麓から大きく動くそうですからね!

えらい長いこと、とどまっているように思えたけど、順番に読んでいったら、あまり気にならないことが尊敬すべきところです。

ただ、最後らへんで皆が皆、驚いたってところは、これまで読んできたことはなんだったんだ…!と思いました。

ただ一人、潤一郎くんだけが驚いた顔を見れなかったような…気がします。

いったい彼は、どこまで先を見れているんでしょうかね?

で、この間の合言葉は、彼の趣味だったんですね。

冗談は冗談でも、半ば本気に見えたのは…(笑)

ただ、後ろの理論が合ってるからって、ハッキリと女性の前で言えちゃうところも、凄いです。

ちょくちょく、過去に戻って、

愛花ちゃんが少年たちに与えている影響を説明してくれるのが、若干嬉しかったりします。

愛花ちゃん…髪の毛がサラサラしすぎだぜ…。

そして、すごい綺麗な顔立ち…。

吉野じゃないけど、なぜ彼女は殺されちゃったのでしょう?

誰に、どうして、なんのために、という何故が残ってます。

とても気になるけど…、その謎が解けるのはまだまだ先だろうなぁ…。

そう思うと、気が遠くなるなぁ…。

まずは、葉風ちゃんを助けなければいけませんし。

うぅ…どうなることやら…。

私は地味に、葉風ちゃんが現代の時間に入って、吉野と真広に会うのを楽しみにしています。

どういうリアクションを見れるか、楽しみじゃないですか!

想像は膨らみますよ!

…次の巻で、見れたら良いけどなv

彩崎さんが描く登場人物って、

眼力があって、表情も豊かで、すごく良いなと思います。

絵柄も私の好味ですし…v

吉野も真広もカッコいいです!

彩崎さんって、登場人物の描き分けが上手いし、服のセンスもすばらしいから、そう思うことができるのかもしれません。

だって…違和感に感じるところがあったら、そこが気になって、いくら他が上手くても、そう言えませんよ。

あと、内容や、そのタイミングも大切ですよね。

この漫画を見ていたら、本当にたくさんの人が関わっているんだなっと思います。

次巻も楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月31日 (土)

絶園のテンペスト 2

大分発売日から間が空きましたが…感想です。

ネタバレにご注意ください。

物語を動かすのはやはり、あの子だったか…と思った2巻。

そして、どんどん明かされていく謎が、よりこの作品を引き立てます。

この作品の原作者は、よく考えて物語を組み立ててますね。

(いや、組み立てをしているのは構成者の方ですか?)

まだ本番じゃないと言うのに、この面白さは反則です(笑)

明かされた葉風ちゃんの「時間の檻」

彼女の発言が証拠になり、事実として信じた真広と吉野ですが、

過去の恋人だった愛花ちゃんとの思い出から吉野が動き出すところで終わっています。

…吉野が良いキャラだなぁ。

客観的に全てを観ることが出来るキャラクターは、物語を進めるに置いて、大切な役割を持ちますから。

原作者のあとがきでも「登場人物の意思と知恵が揺らす」と書いてありますし。

彼らが、どう動かしていくかが楽しみです。

それともう一つ、気になることがあるのですが…。

潤一郎くんって何者なのでしょうね。

戦って強いのも、今考えたら当たり前のことなんですけど…、

傍観者としての位置で、彼はいったい何を見て、何を考えているのでしょうか?

そして、どうして葉風ちゃんの骨が、彼女、その人かと思ったのか、それも気になります。

 

潤一郎くんのおかげで防壁周囲の状況が分かりやすいです。

そっか…夏村はよく使える魔法使いなんですね。

1巻で登場した時、また違った印象を持っていました(^^;

次巻の予告が凄いサービスです(笑)

ざっと4ページ! 多い多い…。

何も明かされていないほうが私の想像は燃えるのですけど…。

だったら読むな。って感じですが、吉野の役目が気になって読んでしまうんです…。

余計に続きが気になると言う悪循環…(笑)

これはもう、どうしようもない。

素直に次巻が発売されたら買います。

葉風と世界をどう吉野が救うか、3巻はそれに注目したいです。

楽しみだなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)