« 流離い | トップページ | 常闇 »

2015年12月 3日 (木)

微睡み

心穏やかに、意思を沈め、

そして、眠りにつく前に、どうか、話し合ってほしい。

聞こえてくる? 自分の声が。

辛いとは、言っていないかい? そこ声は。

そしたら、癒してあげよう。

明日に響かぬように。

幸せになれるよう、計画しよう。

どうして、それは癒されないの?

どうしたら癒されるの?

コツコツ、階段を積み上げよう。

そしたら、きっと、次の階層に行けるはずだから。

幸せな心を感じたなら、どうかそれを大切にしてあげてね。

ずっと、ずっと、大事にしてね。

それにしても、心を痛めた人はどうしたのだろう。

今をそれ以上に目指そうとした、

マニュアルのせい?

それとも、身に余るお金のせい?

まさか、人を傷つけてしまったせい?

きっと、謝れば、慰められていくよ。

だって、そうしたら気分が楽になるし、

ちゃんと伝えていけば、きっとまた仲良くなれるよ。

そして、また、眠りの波が来たときは、

そのときは穏やかに、自分を任せればいいよ。

明日がまた、楽しいものでありますように。

おやすみなさい。

|

« 流離い | トップページ | 常闇 »

オリジナル小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 微睡み:

« 流離い | トップページ | 常闇 »