« 琥珀色の虹の上 | トップページ | 絶園のテンペスト 3 »

2010年7月31日 (土)

絶園のテンペスト 2

大分発売日から間が空きましたが…感想です。

ネタバレにご注意ください。

物語を動かすのはやはり、あの子だったか…と思った2巻。

そして、どんどん明かされていく謎が、よりこの作品を引き立てます。

この作品の原作者は、よく考えて物語を組み立ててますね。

(いや、組み立てをしているのは構成者の方ですか?)

まだ本番じゃないと言うのに、この面白さは反則です(笑)

明かされた葉風ちゃんの「時間の檻」

彼女の発言が証拠になり、事実として信じた真広と吉野ですが、

過去の恋人だった愛花ちゃんとの思い出から吉野が動き出すところで終わっています。

…吉野が良いキャラだなぁ。

客観的に全てを観ることが出来るキャラクターは、物語を進めるに置いて、大切な役割を持ちますから。

原作者のあとがきでも「登場人物の意思と知恵が揺らす」と書いてありますし。

彼らが、どう動かしていくかが楽しみです。

それともう一つ、気になることがあるのですが…。

潤一郎くんって何者なのでしょうね。

戦って強いのも、今考えたら当たり前のことなんですけど…、

傍観者としての位置で、彼はいったい何を見て、何を考えているのでしょうか?

そして、どうして葉風ちゃんの骨が、彼女、その人かと思ったのか、それも気になります。

 

潤一郎くんのおかげで防壁周囲の状況が分かりやすいです。

そっか…夏村はよく使える魔法使いなんですね。

1巻で登場した時、また違った印象を持っていました(^^;

次巻の予告が凄いサービスです(笑)

ざっと4ページ! 多い多い…。

何も明かされていないほうが私の想像は燃えるのですけど…。

だったら読むな。って感じですが、吉野の役目が気になって読んでしまうんです…。

余計に続きが気になると言う悪循環…(笑)

これはもう、どうしようもない。

素直に次巻が発売されたら買います。

葉風と世界をどう吉野が救うか、3巻はそれに注目したいです。

楽しみだなぁ…。

|

« 琥珀色の虹の上 | トップページ | 絶園のテンペスト 3 »

ガンガン系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶園のテンペスト 2:

« 琥珀色の虹の上 | トップページ | 絶園のテンペスト 3 »